メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

軸延伸ポリプロピレンと無延伸ポリプロピレン

透明封筒は今では紙封筒に代わりいろいろな業界で使用されるようになっていますが、透明封筒は一般的にはビニール封筒やフィルム封筒やクリア封筒などいろいろな名称で呼ばれ販売されています。

しかし透明封筒を製造・販売している業界内では、透明封筒はOPP封筒やCPP封筒などという名称で取引されていて、OPPとは英語のOriented Polypropyleneを略したもので、CPPとは同じくCast Polypropyleneを略したものとなります。

日本語の正式名称は、OPPは2軸延伸ポリプロピレンで、透明封筒の原料となるポリプロピレンを縦と横の二方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもので、フィルム自体は延伸しているので、とても強度があって、引っ張ってもほとんど伸びないようになっています。


OPP封筒のメリットとデメリット

そしてCPPの正式名称は無延伸ポリプロピレンで、こちらもとても丈夫で裂けにくい透明封筒です。

OPP封筒もCPP封筒も基本的には同じ種類の封筒で、材質も一部を除いては同じものとなっていて、どちらも見た目が同じ透明となっているので透明封筒と呼ばれています。

しかしOPP封筒とCPP封筒には違いもあり、OPP封筒はCPP封筒に比べて透明度が高くて、専門家がしっかり見なければ判別できない程度の違いですが、できるだけ透明度が高い封筒を使用したい場合は、OPP封筒を選択することがおすすめになります。

けれどもOPP封筒にはデメリットもあり、それは接合部分が裂け易いという特徴を持っているところで、これに対してCPP封筒は接合部分が裂けにくくなっているので、その点が気になる場合はCPP封筒を使用することがおすすめになります。


ビジネス用として透明封筒を使用する場合は

OPP封筒もCPP封筒もコシがあって引っ張りや引き裂きの強度には優れていますが、触るとOPP封筒はパリパリしていて、CPP封筒の場合は滑らかで引っ張れば伸びるようになっています。

したがってCPP封筒の方が伸びに対しては融通が利くようになっていて、絶対に入れ物が伸びることを嫌う場合はOPP封筒を選択すればいいのですが、そうでない場合は余裕があってフチの部分が裂けにくいCPP封筒を選択した方がいいでしょう。

このように同じ透明封筒でもOPPとCPPで若干の違いはあるので、特にビジネス用として透明封筒を使用する場合は、自分たちの都合に合わせてOPP封筒かCPP封筒を選んで購入するようにしましょう。


透明度が高く光沢がある便利な封筒

ビニール封筒の特徴はいろいろありますが、ビニール封筒は透明度が高く光沢があるところが一番の特徴です。

透明の封筒であるビニール封筒は、そこに入れたものを一目瞭然でそれを見た人たちに伝えることができるケースとして、多くの業界で便利に利用されています。

これは紙封筒ではできないことなので、そのためにビニール封筒を利用される機会が増えています。続きを読む…


包装用の袋としても活躍

透明封筒の用途は年々多くなっていて、封筒と言えば書類の入れ物として利用されますが、今ではその他にも様々な商品が入れられる袋としても利用されています。

透明封筒に入れるものと言えば書類やカタログやパンフレットを想像する人が多いと思いますが、最近ではダイレクトメールに透明封筒を入れて送る企業が増えていて、ダイレクトメールに透明封筒を使用することにより、売上をアップさせることができると言われています。続きを読む…


透明封筒を使うメリット

今では透明封筒はいろいろな用途に使われていますが、それは透明封筒を使うことにより、数多くのメリットを得られるからです。

透明封筒を使うメリットには、透明ということを利用して、宣伝効果を高められるということがあります。

透明封筒はカタログやパンフレットを入れて街頭やイベントなどで配布されることが多くなっていますが、透明封筒を使用することにより、一見して封筒の中身を伝えることができるようになり、さらに封筒に入れているということで、ゴミとして捨てられてしまう確率を大幅に減少させることができると言われています。続きを読む…


透明封筒を安く買うには

透明封筒の用途は年々広まっており、透明封筒の需要が高くなるにつれ、透明封筒を製造するメーカーや販売店も多くなり、必然的に価格競争が激しくなって透明封筒の値段はどんどん安くなっている傾向にあります。

透明封筒はもともと1枚当たりの単価が非常に安いもので、一般的な大きさのものであれば10円以下で手に入れられるようになっています。続きを読む…


透明封筒のオプション加工について

透明封筒は人間が手作りしているのはなく、一般的には機械で大量生産されています。

透明封筒がいろいろな業界で幅広く利用されるようになってきていることから、透明封筒を製造・販売する企業も多くなり、透明封筒の機械の需要も増えていますが、透明封筒を専用に製造する機械は市販されているのではなく、特注で作られているため、メーカーによって製造工程も異なる場合もありますが、一般的に透明封筒を製造する工程は、はじめに透明封筒の原料になるフィルムを機械にセットすることからはじまります。続きを読む…


開封率の向上に貢献

ビニール封筒の流通量は年々多くなっていて、今後もその需要は増えていくことは間違いないと思われます。

ビニール封筒とは透明の封筒のことで、以前は封筒と言えば紙製のものが利用されるのが一般的でしたが、現在では用途によっては透明封筒の方が使いやすくメリットを得られやすいということが分かり、紙封筒に代わり利用される量が増えています。続きを読む…