メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明度が高く光沢がある便利な封筒

ビニール封筒の特徴はいろいろありますが、ビニール封筒は透明度が高く光沢があるところが一番の特徴です。

透明の封筒であるビニール封筒は、そこに入れたものを一目瞭然でそれを見た人たちに伝えることができるケースとして、多くの業界で便利に利用されています。

これは紙封筒ではできないことなので、そのためにビニール封筒を利用される機会が増えています。


張りがあって衝撃に強い

ビニール封筒は紙封筒よりも弱いと思っている人も多いと思いますが、ビニール封筒は張りがあって衝撃に強いことが大きな特徴で、引っ張っても意外に破けにくくなっているので、中に入れた書類や商品を最後まで守ることができます。

ビニール封筒は耐水性に優れているところも紙封筒とは違うところで、紙封筒であれば水にさらされるとそれを再び使用することができなくなってしまう可能性が高くなりますが、ビニール封筒であれば水にさらされても水をはじく特徴があるので、何度でも元のままの状態で利用することができます。


防湿性にも優れるビニール封筒

そして紙封筒の場合はある程度の量の水にさらされることで中身も汚してしまうことも多くなりますが、ビニール封筒だときちんと封をしていて中に浸水しない状態であれば、中身を水から完全に守ることができます。

さらにビニール封筒は防湿性にも優れているため、長く書類や商品をその中に入れておいてもカビなどからも書類や商品を守れるようになっています。

このようにビニール封筒にはメリットとなる特徴がたくさんあります。