メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒を使うメリット

今では透明封筒はいろいろな用途に使われていますが、それは透明封筒を使うことにより、数多くのメリットを得られるからです。

透明封筒を使うメリットには、透明ということを利用して、宣伝効果を高められるということがあります。

透明封筒はカタログやパンフレットを入れて街頭やイベントなどで配布されることが多くなっていますが、透明封筒を使用することにより、一見して封筒の中身を伝えることができるようになり、さらに封筒に入れているということで、ゴミとして捨てられてしまう確率を大幅に減少させることができると言われています。


消費者の購買意欲を高める

カタログやパンフレットをそのまま裸の状態で配布した場合は、渡された後にそのままゴミ箱行となってしまうことも多いのですが、ケースに入れられていれば、家まで持ち帰ってもらえるようになり、それを家で見てもらうことにより、消費者の購買意欲を高めることができるようになります。

また透明封筒は屋外で商品を売る時にはとても便利なツールとなっていて、急に雨が降ってきても中身が汚れることがなく、商品を守ることができることになります。

もちろん屋外で商品を展示・販売する場合も、透明封筒を利用すれば、中身を見せながら商品を保護して、お客さんにそのまま届けることができるようになります。


透明封筒には印刷ができるところも大きなメリットで、商品名や企業名が入った透明封筒を包装用の袋に使用すれば、高級感を出すこともでき、商品の売上もアップさせることができます。


掲載記事の参照元:http://www.jibrick.com/store/guide/