メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒のオプション加工について

透明封筒は人間が手作りしているのはなく、一般的には機械で大量生産されています。

透明封筒がいろいろな業界で幅広く利用されるようになってきていることから、透明封筒を製造・販売する企業も多くなり、透明封筒の機械の需要も増えていますが、透明封筒を専用に製造する機械は市販されているのではなく、特注で作られているため、メーカーによって製造工程も異なる場合もありますが、一般的に透明封筒を製造する工程は、はじめに透明封筒の原料になるフィルムを機械にセットすることからはじまります。


消費者の購買意欲を高める

透明封筒の原料になるフィルムは大きなロール状になって販売されていて、製造メーカーはそれを購入して透明封筒を製造することになります。

機械によっても異なりますが、一般的には数センチから数十センチの間で封筒の縦と横と幅を設定できるようになっていて、原料を機械にセットした後の工程は、人間の手でそれらの数字を入力することになります。

そうすればあとは機械が封筒の形になるまで仕上げてくれるようになっていて、製造過程としては袋をカットして、それをくっつける作業を自動で機械が行ってくれます。


また透明封筒にはワンタッチで封ができるテープ付ものや、ヘッダー付もものなどのオプション加工が必要なものも多く、その場合は1つの機械で行える場合もあれば、一度封筒の形に加工した後で機械から取り出して、また別のオプション加工用の機械にセットしてオプション加工を施す場合もあります。