メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

包装用の袋としても活躍

透明封筒の用途は年々多くなっていて、封筒と言えば書類の入れ物として利用されますが、今ではその他にも様々な商品が入れられる袋としても利用されています。

透明封筒に入れるものと言えば書類やカタログやパンフレットを想像する人が多いと思いますが、最近ではダイレクトメールに透明封筒を入れて送る企業が増えていて、ダイレクトメールに透明封筒を使用することにより、売上をアップさせることができると言われています。


一見して中身を確認させる

カタログやパンフレットもそうですが、商品を売り込みたい場合は、まずはその中身を見てもらう必要があり、それらを紙封筒に入れてしまうと、開封される前にゴミに捨てられてしまう可能性が高くなってしまいます。

しかし透明封筒であれば一見して中身を確認させることができるため、開封率が高まりそれが売上にもつながることになります。


防湿性にも優れるビニール封筒

透明封筒は書類以外にも衣類やアクセサリーや小物を入れる包装用の袋としても活躍していて、少し前まではレコードを入れるケース、今ではCDやDVDを入れるジャケット用のケースに利用されています。

さらに子供を中心に人気があるトレーディングカードやハガキやポストカードやアイドルのブロマイドなどを入れるケースとしても使用されていて、書店などではブックカバーや本を守るための保護ケースとしても幅広く利用されています。

透明封筒はシールを入れるケースなど、100円ショップでは必要不可欠なツールとして使用されていて、それ自体も100円ショップなどでは透明封筒に入れられて販売されています。